周央サンゴの中の人(前世)は安野希世乃と判明した理由に驚愕・・・。

「にじさんじ」に所属しているVTuber周央サンゴをご存じでしょうか。

周央サンゴは、2020年8月6日に「にじさんじ」からデビューしたVTuberで、チャンネル登録者数は40万人を超えています。ゲーム実況のほか、雑談配信やセリフ読みなどもおこなっており、VTuber好きのなかには知っている人も多いでしょう。

しかし、周央サンゴの中の人(前世)まで知っている人は少ないかもしれませんね。

この記事では、周央サンゴの前世と言われる「安野希世乃」について紹介していきます。

周央サンゴは普段どんな配信してる?

周央サンゴは普段、雑談やセリフ読みを中心に、ゲーム実況や歌ってみた、朗読などを配信しています。

https://www.youtube.com/@SuoSango/featured

プレイ作品は多岐にわたり、『あつまれ どうぶつの森』や『フォールガイズ』といった最近のゲームから、『ヨッシーのたまご』といったレトロゲームまでプレイ。

では、そんな周央サンゴの前世は一体誰なのでしょうか。

周央サンゴの前世は安野希世乃と判明!

周央サンゴの前世は「安野希世乃」と判明しています。ここからは、安野希世乃のプロフィールや活動内容を見ていきましょう。

安野希世乃とは誰?年齢や出身などプロフィール

まず、安野希世乃のプロフィールはこちらです。

本名:目澤 希世乃(おそらく本名)

年齢:33歳(2022年11月時点)

出身:宮城県(京都で生まれてまもなく宮城へ)

身長:157cm

血液型:A型

生年月日:1989年7月9日

安野希世乃は現在、声優および歌手として活動しているため、ある程度のプロフィールはオフィシャルサイトに掲載されています。

https://avex.jp/kiyono-yasuno/profile/

また、調べたところ、安野希世乃は京都生まれだそうですが、生まれて間もなく宮城に引っ越したため、出身は「宮城県」ということになっているそうです。

なお「目澤 希世乃」は安野希世乃の旧芸名のため、本名の可能性が高いですが、確定情報ではありません。

安野希世乃は普段どんな活動をしてるの?

安野希世乃は、エイベックス・ピクチャーズ(事務所)、フライングドッグ(音楽レーベル)に所属する声優および歌手です。

デビュー作は、アニメ映画『キズナ一撃』の轟キズナ役で、そこから多くのキャラクターを演じるようになりました。

参考までに、安野希世乃が今まで担当したキャラクターを挙げてみましょう。

  • 「冴えない彼女の育てかた」加藤恵
  • 「かくしごと」墨田羅砂
  • 「マクロスΔ」カナメ・バッカニア
  • 「ハマトラ」コネコ
  • 「アイドルマスターシンデレラガールズ」木村夏樹
  • 「オーバーロードⅡ」ラナー

このほか、たくさんのキャラクターを演じています。

また、2021年の第15回声優アワードでは「ワルキューレ」として歌唱賞を受賞。

とはいえ、VTuberの多くが歌い手やゲーム実況者だったという前世とは異なり、声優や歌手として活躍している人がVTuberとして活動するのは珍しいですね。

安野希世乃の画像は公開されてる?

安野希世乃の顔写真はTwitterやオフィシャルサイトで見ることができます。

こちらは、ANIMAXMUSIX2022に出演した際のお写真で、左側が安野希世乃です。

https://twitter.com/Yaskiyo_manager/status/1593934643346436098?s=20&t=952x3nSJ-FT1qmk8WhZg9Q

パンフレット撮影中の一枚もありました。

https://twitter.com/Yaskiyo_manager/status/1592888497639428098?s=20&t=952x3nSJ-FT1qmk8WhZg9Q

また、超!A&G+にて放送中のラジオ「安野希世乃のきよなび!」公式Twitterにも、ペンを頭に乗せた安野希世乃の顔写真が!

どの画像を見ても柔らかい雰囲気が漂っていて、とても優しそうな人ですね。どんな衣装も髪型も似合っていて、とても素敵な人な印象です。

安野希世乃の名前の由来ってある?

安野希世乃の名前の由来については、確定情報がありませんでした。「目澤 希世乃」が旧芸名であり本名だとすれば、「安野」のみ何かに由来しているのかもしれませんね。

安野希世乃が周央サンゴの前世の理由、根拠3選

では、安野希世乃が周央サンゴの前世と言われる理由は何なのでしょうか。その根拠は以下の3つです。

  1. 声が似ている
  2. お二人の年齢層が一致している
  3. 同一人物だと思っている人が多くいる

それぞれの根拠について詳しく紹介します。

安野希世乃が周央サンゴの前世の理由①【 声が似ている 】

1つ目の根拠は、安野希世乃と周央サンゴの声が似ているという点です。

まず、安野希世乃の声はこちら

つづいて、周央サンゴの声はこちら

お二人の声を聴き比べてみて、いかがでしょうか。一瞬「そこまで似てない」と思った人もいるでしょう。

安野希世乃がゆったりした喋り方なのに対し、周央サンゴは早口で喋っています。しかも、周央サンゴは安野希世乃よりもかなり高めの声です。

しかし、よく聴いたときの奥のほうにある声質はそっくり。安野希世乃は声優としてたくさんのキャラクターを演じてきたので、声を使い分けているのでしょう。

同一人物である可能性としては十分です。

安野希世乃が周央サンゴの前世の理由②【 お二人の年齢層が一致している 】

2つ目の根拠は、お二人の年齢層が一致しているという点です。

安野希世乃は、オフィシャルサイトなどで年齢が公表されており、2022年11月時点では33歳です。

一方、周央サンゴも30代ではないかと言われています。その理由は、動画での発言からです。

周央サンゴは初配信での自己紹介の際、「経験したくないこと」として「痛風」「抜歯」「尿管結石」の3つを挙げています。

これに対し「おじさんだ!」というコメントが相次ぎました。確かに、20代前後の人は「痛風」や「尿管結石」を意識しませんよね。

これにより、中の人(前世)が30代ではないかと言われるようになったのです。

安野希世乃が周央サンゴの前世の理由③【 同一人物だと思っている人が多くいる 】

3つ目の根拠は、周央サンゴの前世が安野希世乃だと思っている人が多くいる点です。

ファンからはこんなツイートがありました。

確定ではないものの、やはり声質が似ていると思ったのか、同一人物説が浮上したようです。

周央サンゴが著作権トラブルで炎上...?

早口で喋るのが印象的なVTuber周央サンゴ。実は、過去にプチ炎上したことがあります。

問題となったのは、2022年1月29日に周央サンゴがカバー・編曲した『グリズリーに襲われたら』という動画です。

実は、この曲は清竜人が作詞・作曲を担当したもので、UUUM所属の4人組アイドルグループ「神宿(かみやど)」の楽曲でした。

周央サンゴの動画が公開された翌日、清竜人は自身のTwitterに優しい口調ながらも「楽曲カバーやアレンジする際は、念のため、著作者の許諾を得てからの方が安心かもッ♡」とツイート。(現在は削除済み)

これに対し、約1時間後に周央サンゴは謝罪ツイート。

https://twitter.com/Suo_Sango/status/1487648705671237632?s=20&t=nkjxq7nHv9B6J_n_CN3d7Q

このあと、周央サンゴと清竜人は何度かやり取りを繰り返し「問題化するつもりは毛頭ない」「ご興味あれば、楽曲を書き下ろしますので」と、清竜人の寛容さが伝わってくる結果となりました。

双方の対応が丁寧でしっかりしていたので、大きな問題にならずに済んだようです。

まとめ

この記事では、周央サンゴの前世である「安野希世乃」について紹介してきました。

お二人の喋り方は違いますが、声質はかなりそっくりです。プチ炎上したこともあったようですが、周央サンゴ、安野希世乃ともに、今後の活躍に期待したいですね。

同じ「にじさんじ」のVTuberの中の人はこちら!

アルス・アルマルの中の人(前世)

勇気ちひろの中の人(前世)

戌亥とこの前世・中の人

相羽ういはの中の人(前世)

イブラヒムの中の人(前世)

甲斐田晴の中の人(前世)

ましろの中の人(前世)

竜胆尊の中の人、前世

おすすめの記事